スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2005山形県庄内の旅 3

2005/08/13 Sat 17:06

もう一気に最終日まで!(笑)
夏バテも手伝って更新が滞っております・・・スミマセン!!

さてさて3日目は「西洋料理しもん」の佐藤さんが定休日で
一日添乗員をかって出てくださいました。ありがとう!佐藤さん!
まずは朝ごはんから(笑)。
腹が減っては戦は出来ぬ(いや、しませんが)、です。
3-16.jpg
見事にバランスの取れた献立に脱帽。もちろん、すべて美味でした。
こういう朝ごはん・・・作ってないなぁ、普段(反省)。
手前のピンクっぽいお皿に乗っているお料理。
「えご」というもの。「ところてん」が天草で作られるように
こちらでは「えご」という海草を同じように固めたもの。酢味噌で。
普通にスーパーなどで売っていましたー。


近くの羽黒山へ。神社でお参りです。(商売繁盛!(笑))
4-1.jpg

4-2.jpg
「打鐘禁止!」と立て札が!(苦笑)
「打鐘」という言葉、初めて知りましたわ・・・。


せっかくだから「月山」行きましょうよ!と。
車で八合目まで行くことが出来ます。この日も猛暑。
涼しい土地を探す旅になりつつ・・・(苦笑)。
4-3.jpg

4-4.jpg


お昼が近づいてきたので、一路、酒田へ。

和食屋さんのお造り。 器に張られた和紙を取ると・・・。
4-6.jpg
「朝もやのイメージです」と言われましたー。
下にドライアイスで煙が出るようになっているんですねー。へ~。


ご厚意で、ここでも岩牡蠣が!(汗)
4-7.jpg
この旅で、いったいいくつの牡蠣を・・・。


酒田では、夫が昔お世話になった「欅(けやき)」の太田シェフに会ったり
しばし、昔話に花が咲きました。太田シェフは「ル・ポットフー」という
レストランにいらっしゃって、その頃、夫は2週間ほどお手伝い(?)に
行っているんですね~。その間、ご自宅に泊めて頂いたりして、
色々とお世話になったそうです。この太田シェフ、金港亭の石井シェフとは
高校の同級生なんですよー。もちろん今でも仲良しさん!(笑)
懐かしい話をしていると時の経つのは早くて、そろそろ鶴岡に戻る時間に。



今晩のご飯は、鶴岡から少し離れたイタリアン「アル・ケッチァーノ」。
去年は夏休みと重なって伺うことが出来なかったのです。



キ、キ、キターーーーーーーーーー!
岩牡蠣の登場です(笑)。モロヘイヤのソースで頂きました。
4-8.jpg


アマダイのリゾット、美味しかった!
皮目の焼き具合が、とっても良かったです。
4-9.jpg



この日はちょっと遅くて(?)23時くらいに就寝。
早いなぁ・・・・明日は最終日。
もう少しゆっくりする時間も取りたかった、と思うのは贅沢ですかね?


最終日!朝ごはんを食べて・・・・・。
5-1.jpg

5-2.jpg

5-3.jpg


最終日は産直の生鮮食料品を買出しする日です。
周辺の農家さん達が持ち込むマーケット(?)が点在しているので
車でがーーーーっと、周ります(笑)。

時期には少し早いですが、早生のだだちゃ豆や地場の野菜など
新鮮を絵に書いたようなものがずらーーーり。
枝豆などは生産者ごとに試食も完備しているので、食べ比べてみたり。

山のように購入して宅配手続きを!
明日からの仕込みには山形の野菜がどっさりです。
※いや、この記事の時点では、ほとんど、、えーとないです(笑)。
 今週にかけてご来店くださったお客様には、添え野菜が、かなり
 たっぷりとついていたはずでございます~♪

これからも庄内の野菜を使うことが多くなりそうな予感です。


お昼ごはんは、最後に再度「しもん」へ。

魚を食べ・・・・
5-4.jpg


肉を食べて・・・・
5-5.jpg


カレーまで!!
5-6.jpg

佐藤さん、とっても美味しかったでーす!!
色々とありがとうございましたー!!


帰りは、鶴岡から新潟に出て、上越新幹線で帰京です。
鶴岡からの特急「いなほ」が遅れていて新幹線に乗り継ぎ出来るか?と
不安でしたが、なんとかセーフ!新潟の土産物が見られなかったわ・・。

横浜駅に着いたら、もう20時前。

さぁ・・・・・




晩御飯どうする?
(まだ食べる話を!!!)

という訳で。


重い荷物を担いで、関内駅へダッシュ!
(人間、いざというときはパワーが出るもんですね・・・(苦笑))


登良屋さんで、いわしのお刺身を。
5-7.jpg
最後も美味しいものが食べられて満足でした!

最後は、端折ったレポになってしまいましたが、とっても楽しい4日間。
お店をお休みしちゃって、お断りしてしまったお客様にはご迷惑を
おかけしました。申し訳ありませんでした!
でも、パワーを充電して、また日々美味しいものづくりに励んでいますよー!

今回は物を作る方、漁をしている方、色々な方にお会いできて、そのご苦労と
努力を間近に感じられたのが一番収穫だったかもしれません。
それに、生産者であり、料理人でもある「知憩軒」の長南光(みつ)さん。
本当にお会いできて良かったです!お話しできて、なにかが変わった気がします。
この出会いに感謝!

また行こう!きっと。
スポンサーサイト
2005Yamagata-shonai | コメント(4) | トラックバック(0)
2日目の午後。お昼を食べてから山の中腹にある胴腹の滝へ
連れて行ってくださいました。
3-1.jpg


やはり水も豊かなこの町。看板から2~3分歩くと見事な滝が!
3-2.jpg
ピントが真ん中の木になってしまっていますが(汗)
左右それぞれ滝が落ちているのがわかりますでしょうか。

それぞれパイプで水が引かれ、水を汲めるようになっています。
3-3.jpg

3-4.jpg
左右で味が違うような気がするんですよ、と言われ
飲んでみると、確かに違う気がしましたー。特に成分分析はされていないようです。
自由に水汲みは出来るのですが生水には個々で注意しましょう、とのことです。
ちなみに私はもちろんご想像の通り(苦笑)その場で頂きましたー。
美味しい~!しかもとっても冷たい!猛暑だっただけにタオルも洗って
顔に当てたら天国気分でした。氷水で洗ったタオルみたいになりましたヨ。
帰り際に空になったペットボトルに汲んでお持ち帰り。
不思議と冷たさが結構持続していました。
特に保冷もしていなかったんですけどね~。自然の恵みに感謝!です。
私達しか居なかったのですが入れ替わりで老夫婦が水汲みにいらしてました。
都会にあったら行列が出来そうな場所もココはひっそり静かでした・・・。


涼んだところで「農作物を見に来ましょう!」と一路下界(!)へ。
パプリカなどを作っている伊藤さんの畑へお邪魔しました。



着くなり・・・・・・・・・
3-5.jpg

3-6.jpg
食べてます(笑)。
肉厚でジューシーなもぎたてのパプリカ。甘いんです!
気持ちは「料理の鉄人」の主宰の気分で(笑)。

3-7.jpg
ミニトマト、中玉トマト、桃太郎種、とパクパク頂いちゃいました。
伊藤さん、お忙しい中、色々と見学(っていうか野菜食べ放題?(汗))
させてくださって、ありがとうございました!
これからも色々とお世話になりそうな予感・・・よろしくお願いします。


「せっかくですから名産を見に来ましょう」


と連れて行ってくださったのが・・・・。



最近、密かなブームとなっている「赤ねぎ」です。
3-8.jpg

根元から下が赤いんです。3-9.jpg
赤ねぎについての詳しいことはコチラ載っていますので、ご参考までに。
注目の野菜でありマス!



ここで時刻は16:30。
朝5時に起きて7時には集合して、ずっとお日様の陽を浴びて・・・。
連れて行ってくださった方々始め関係者各位に感謝!です。

しかしながら、さすがに皆でヘトヘトモードに突入してきたので解散に。
一路、お世話になっている宿「知憩軒」さんへ戻ります。


・・・・・・う~ん、山形自動車道、、対向車も前後も車がいない(苦笑)。
本当に、これこそ「高速」道路状態でした!




着いたらおかみさんの美味しい夕ご飯がお待ちかね。
朝からラーメン一杯しか食べていないので(除く、岩牡蠣(笑))
さすがにお腹も空いてきました。
シャワーで潮風や汗を落として、さぁいただきましょう!
3-10.jpg

3-11.jpg

3-12.jpg

3-13.jpg

3-14.jpg

3-15.jpg

もう説明の必要・・・ないですね(笑)。
心づくしのお料理を堪能し、ゆっくりと時は流れます。
なんか食べていて身体にやさしい感じがするんですよね。

ここ「知憩軒」さんの宿泊場所はテレビ、電話、時計がありません。
携帯電話は通じますが(笑)、かろうじて時計代わりに使ったくらいです。


二日目の晩。



就寝時間 19:50!



いったい何年ぶりにこんなに早く寝たでしょう?

翌朝起床は6:30。
ハイ!もちろん目覚まし入らずで起きられましたヨ。
体調が良くなった気がしますデス、はい!
2005Yamagata-shonai | コメント(0) | トラックバック(0)
いよいよ旅のメイン(?)。
今日は山形県遊佐町吹浦沖の岩牡蠣漁を見学させてもらえるのです。
当日まで、どのようなスケジュールかはっきりせず、今回のこのイベントに
誘ってくださった方も「漁師さんお任せコースです」と仰っていたので
いったいどんな場面に遭遇出来るのかしら?と、胸躍らせていました。

朝5時起床。(ハイ!無事に起きられました~!)
なぜか訪れた近辺にはアオガエルがた~くさんいるんです。
02-01.jpg
小さいので踏んじゃいそうになるんですー(汗)。

02-02.jpg
そんなに見つめないで・・・・。

アオガエル君に見送られながら、いざ出発~っ!!


朝7時酒田ICに集合して一路、遊佐町吹浦へ。
渋滞もなくインターから約40分くらいで到着です。


海水浴場には人が・・・・い、い、いない、、、、。
02-03.jpg
朝8時くらいの湘南方面だったら、今時かなり混雑していると思うんですけどー。
日本海・・・・空いています・・・・。この辺りは海岸沿いに松林があり
キャンプ場になっていて、テントを張れたりバンガローや宿泊施設もあります。
温泉も出ていて、大きな大浴場もあり、とても良いところ。ちょうど時間帯が
キャンプ場では朝ごはんの支度をしている最中でしたねー。
だから海はこんなにガラガラだったのかしら?(汗)
※曇り空に見えますが、朝曇って感じで、この日は晴れてましたよ~!


ちらりほらり、と関係者の方々が集まってきたところで・・・。



さて、いよいよ船に乗船だーーー!
02-04.jpg

DSCF0523.jpg

しかしお構いなしに船は進んで行くのでありますっ!GOGO!
02-06.jpg


今回私たちが乗船(見学?)させて頂いたイベントとは・・・。
実はとってもとっても貴重な体験だったのであります。

解説しよう!
(byタイムボカンシリーズ)

ここ遊佐町吹浦沖の岩牡蠣というのは山形県でも最も美味!といわれるもの。
そこの一部には鳥海山の伏流水が流れ出ている地域があります。
今から10年以上前に乱獲により少なくなってしまった牡蠣を取り戻そう!と
行政も一緒になって漁場の再生を始められたのです。以来、その地域では
岩牡蠣漁が禁止され10年の月日が経ち・・・・。

なんと10年ぶりの漁の初日にお邪魔することが出来たのですっ!
一緒の船には遊佐町の町長さんも乗っている、という一大イベントに図々しくも
夫婦で素知らぬ顔で参加・・・・(汗)。いや、皆さん「あの人たちだれ?」
って感じだったと思いますが(苦笑)、連れて行ってくださった方が
「横浜の料理人の方です」と紹介してくださいました。
「あはー、料理人でーす!てへー。」ってな感じですよ!もう。

ともかくこんな貴重な経験は二度と出来ないぞ!と気合を入れて
この目にシカッ!と焼き付けようと頑張りましたー。

とかなんとか言っているうちに・・・・・。
02-07.jpg

02-08.jpg

02-09.jpg



キターーーーーーーーーッ!
02-10.jpg


10年ぶりの初物を手に取材を受ける町長さん。
02-11.jpg

すんごくイイ方でしたーっ!
02-12.jpg
町長さん、こっちも向いてくださいっ。カシャ!


船長さんが早速獲った岩牡蠣を開けてくれています。
船に牡蠣剥きの道具がなくて、こんなに大きな器具で!
02-13.jpg


もちろん初物の一番は町長さんでしょう!
美味しそうですー。
02-14.jpg
※この後、私どもも頂きましたヨ!てへへ。ンまーい!

そうこうしているうちに漁も一段落。
船で牡蠣を引き上げます。
02-15.jpg








02-16.jpg
まさに、キ、キ、キターーーーー!って感じですっ。

いやぁ、、浮き輪の網があんなに大きいとはっ!驚きました。
初めて見るものは全て新鮮で、本当に貴重な体験をさせて頂きました。

漁協の皆様始め、遊佐町の方々、関係者各位に本当に感謝!!です。
見ず知らずの私達に本当に優しく接してくださいました(感涙)。
皆さんの優しさを想い出せば、脱いでもTシャツを着たままのように
焼けた手首にも耐えて生きていけそうです・・です・・・嗚呼失敗。
長袖着ていくんだったーーーーーぁ!(←これだけが後悔ですぅ)

そして、船から下りて・・・
02-18.jpg
な、何個食べてんですか?アナタ・・・。



漁港を後にして、少し離れた海水浴場(?)へ。
小さな砂浜と岩場があって、あちこちから伏流水が湧き出ています!
02-19.jpg

やっぱり飲み物を冷やすのはお約束ですな!
02-17.jpg


少し車を走らせて地元の伏流水の川「牛渡川」へ。
秋には鮭が上ってくるんですって!それはそれはすごい光景らしい。
あーーー、秋の稲穂の垂れる時期にも訪れてみたいヨー!
02-20.jpg
しかし澄み渡ってキレイ!!!

この日は猛暑。思わず皆で足を冷やしました。
02-21.jpg
しかし、あまりの冷たさに15秒もつけていられない!(苦笑)

涼んだところで、そろそろお昼の時間。
観光名所(夕日の名所)の「十六羅漢像」のある場所の食堂へ。

このアゴ出汁ベースのラーメン・・・お、お、美味しいですー。
02-22.jpg
私の大好きなちぢれ麺!横浜にないのよー!(よねぇ?(汗)
とっても美味しかったので行かれた方はぜひ!オススメですっ!


最後にドンっ!どうだーーー!
02-24.jpg
やっぱり10年モノ。大きいヨ・・・・。
ミルクたっぷり!味は繊細でふくよか。後味も良いのです。


2日目の午前中はここまで。
はぁ~~・・・やっとUPした感じです(苦笑)。

午後も楽しかったのですが、それは、また後で!へへっ。


つづく・・・・・・・・・・・・・・
2005Yamagata-shonai | コメント(3) | トラックバック(0)

2005山形県庄内の旅その1

2005/08/06 Sat 15:01

2005年8月1日(月)~4日(木)まで三泊四日で山形県に旅してきました。
鶴岡、酒田などの庄内地方への旅は去年に引き続き2回目。
2回目ということや、今回は様々な方との出会いに恵まれて
とても充実した(ある意味ハードスケジュール!(汗))旅となりました。

画像がたくさんあって、UPするのに時間がかかり、少しずつのレポに
なってしまいますが、自身への忘備録の意味も含めUPしていきたいと思います。

早朝の新幹線で東京~新庄へ。
ya01.jpg
ねぼけ眼での乗車です。

朝ごはんに、と購入した駅弁。「大人の休日・夏」¥2,200.-
ちょっとお高め?かなぁ・・と(汗)。
ya02.jpg

だんだん青々とした田んぼが車窓に。ya03.jpg


ya04.jpg
新庄駅からは陸羽西線(りくうさいせん)へ乗車。
最上川を横に見て、素敵な路線です。



長い旅路と思っていましたが景色も良くほどなく鶴岡へ。
今日からお世話になる農家民宿「知憩軒(ちけいけん)」へ到着です。
ya05.jpg

早速お昼ご飯!(笑)おむすび定食¥550.-ya06.jpg
お、お、美味しい~~!!どうしてこんなにお米が美味しいのっ!
お結びは塩とゴマだけ(梅干が切れてしまったんですって(天日干し中でした(笑))。
でも、それがまた美味しい!
ya07.jpg
知憩軒のご飯はこのお部屋で食べました。ちなみに宿泊は別棟。




長旅の疲れも物ともせず
いざ!レンタカーで周辺散策を兼ねて夕食へ。
shimon.jpg
一緒に金港亭で働いていた佐藤さんのお店「西洋料理しもん」へ。
この4月に移転リニューアルオープンしたばかりの店舗。きれーい!!
・・・・っていうか金港亭に居たら掃除好きになりますね、絶対。
きれいじゃなくちゃ気がすまない、という習性が身に付く模様(苦笑)。
由良漁港で獲れた新鮮なお魚や(ちなみにウチの魚の一部はココから来てます!)
地場の野菜、お肉。堪能しました。美味しい!
皆さんも鶴岡に行かれましたら是非!一押しです。
(身内(?)だから押している訳じゃないですよー。ホントに。)

さて、満腹のお腹を抱えて今日は就寝。
明日は朝5時起き!起きられるのかっ?


続く・・・・・・・・・・・

2005Yamagata-shonai | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。