画像はすべてサムネイルです。
クリックの上、画面を最大化すると大きく見られます。


DSCF2628.jpg
2日目。18時過ぎにホテルにチェックイン。
お部屋をアップグレードしてくれました(感謝!)。
DSCF2631.jpg
窓からも京都タワーがバッチリ見えます。

お腹がペコペコー!!
DSCF2632.jpg
フジイさんのお店の前菜盛り合わせ。
お腹ペコペコの二人にあわせて盛り沢山(笑)にしてくれました。

翌日の瓢亭さんの朝粥。
DSCF2641.jpg


白いお重の器を広げるとこんな感じです。
DSCF2642.jpg


お粥は味付けがなく右手前の蓋付きの器に入っている出汁葛をかけて頂きます。
DSCF2645.jpg
左向こうにあるのは冷たくしたほうじ茶。これもまたグー!


お腹一杯なので散歩へ。琵琶湖疎水周辺です。インクラインを歩く。
DSCF2653.jpg

途中から小雨ぱらつく中、山道に抜けます。
DSCF2661.jpg
わかるかなぁ・・?右に流れる疎水の分水(?)の流れが速い!!

DSCF2672.jpg
南禅寺のインクライン跡。火曜サスペンスのロケで出そうだ。

まだ若葉の紅葉。秋は見事に染まるのでしょうね~。
DSCF2670.jpg


南禅寺の正面。三つに空いた門の向こうの風景が見事!
DSCF2674.jpg
昔の人はそういう風情を考えて色々と作ったのでしょうねぇ。

栄観堂前の「山源」さんの天麩羅うどん。美味しい!!また食べたいー!
DSCF2676.jpg
しかも550円という安さ。一番高い鍋焼きうどんは800円也(驚)。

散策を終えて夜は、木屋町「櫻川」さんへ。
DSCF2698.jpg
一塩して水分をほどよく抜いたカマス。器も素敵でした。
スポンサーサイト
2006 Chita-Kyoto | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
■鍵コメさま
楽しんでいただけて良かったです!
やっぱり紅葉の時期が一番いいような・・・。
でも、休みが取れないのでなかなかその時期に
行くことが出来ません。そして宿もすでに一杯に
なっているところ、多そうですー。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
■鍵コメ 2006/09/05 14:29 様
休みはアっという間でございました(涙)。
でも、こうして画像を見返すと薄れ行く記憶とは裏腹に
思い出が蘇ってきますね。最近、画像も撮り溜めていないので
これから、また頑張って画像で残していこうかな、と思っています。
でも、更新はなかなか、、これが、、、、やっぱり大変です(汗)。

管理者のみに表示